横浜金沢店ショールーム

屋根メンテナンスされてますか?

ニッカホーム横浜金沢営業所 吉田です。

 

ここ数日は暑い日も続き、梅雨の終わりも近そうですね。

皆様、熱中症等お体にお気をつけください。

 

梅雨が明けるとはいえ、近年ゲリラ豪雨、台風なども多く

雨漏りでお困りのお客様からのお問い合わせいただく事も少なくありません。

 

皆様ご自宅の屋根のメンテナンスはされてますでしょうか?

前回のメンテナンスを何年前にしたかわからない、前回のメンテナンスから10年以上経っているという方も少なくないと思います。

屋根のメンテナンスは大切なご自宅を雨風から守るためにも定期的に行うことをお勧めいたします。

少しでもご自宅の屋根に心配があれば一度点検のご依頼いただければ幸いでございます。

 

屋根のメンテナンス方法ですが、塗装や葺き替え等いくつか方法がございますが、

今回はカバー工法という施工方法をご紹介いたします。

 

 

 

まずはこちらの写真

施工前の屋根の写真になります。

DSC_0004.JPG

こちらのお宅の屋根は新築時当初に使用されていた屋根材が耐久性の面であまりよくないものが使われていたこともあり

屋根材の剥がれ、めくれが目立ちます。

このような状態ですと塗装によるメンテナンスというのは難しくなってきます。

そこでおすすめのメンテナンス方法がカバー工法になります。

 

 

 

ここからカバー工法施工の様子を紹介させていただきます。

2022_03_09_17_28_39_642_19.jpg

 

まずは、既存屋根の上にルーフィングと呼ばれる雨水の侵入を防ぐための防水シートを敷き込んでいきます。

 

 

 

2022_03_09_17_28_39_643_24.jpg

屋根全体に敷き込んでいきます。

 

 

 

2022_03_09_17_31_21_454_8.jpg

ルーフィングを全体に敷き終わり

いよいよ新しい屋根材を葺いていきます。

 

 

2022_03_09_17_32_42_539_9.jpg

全体に葺いていき

雪止め、棟板金等の金物を取り付け完了です。

 

 

いかがだったでしょうか?

経年劣化によりボロボロだった屋根が綺麗に生まれ変わりました!

 

 

今回使用させて頂いた屋根材ですが

弊社オリジナルで出させていただいているニッカルーフGLという屋根材を採用させていただきました。

 

こちらのニッカルーフGLですがカバー工法用屋根材になり

・豪雨・強風に強い

・軽量の為屋根が重くならない(日本瓦の約1/10の重さ)

・裏面にウレタンフォームが吹き付けられているため断熱・防音効果がある

・耐用年数が長く塗装で10年置きにメンテナンスを繰り返すよりも経済的

といった特徴がございます。

 

 

塗装によるメンテナンスに比べると費用は高くなりますが、

長い目で見ると屋根のメンテナンス費用抑えられること

雨漏り等リスクを減らせること

断熱・防音等の効果も望めること

様々なメリットがあり非常におすすめの屋根メンテナンス方法です。

 

 

ご自宅の屋根に心配がある、屋根のカバー工法に興味を持っていただいた方は

是非一度弊社までお問い合わせください。


この記事を書いたスタッフ

お客様に喜んで頂けるよう、お客様に寄り添った笑顔の接客を心かけ、日々精進してまいります。

ニッカホームfacebookページ